読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

node.jsとMongoDBをはじめてみる

前から気になっていたnode.jsとMongoDBを勉強してみることにした。

まずはMac OSXに環境構築。っていってもhomebrewを使っているので、brew installでさくっとインストール。

~/% brew install node.js
~/% brew install mongodb

まずはnode.jsトップにあるサンプルを試す。
以下のコードをexample.jsとして保存。

var http = require('http');
http.createServer(function (req, res) {
  res.writeHead(200, {'Content-Type': 'text/plain'});
  res.end('Hello World\n');
}).listen(1337, "127.0.0.1");
console.log('Server running at http://127.0.0.1:1337/');

以下のコードで実行。

~/% node example.js
Server running at http://127.0.0.1:1337/

ブラウザで http://127.0.0.1:1337/ にアクセスしたら Hello World が表示された。

node.jsのWeb application frameworkを試してみる。
ぐぐったらいくつか候補が見つかったが、expressが一番ぶくまがついていたのでこれを使ってみる。
まずはインストール用のコマンドである npm をインストールする。

~/% curl http://npmjs.org/install.sh | sh

インストールに成功したら、expressをインストール。

~/% npm install -g express

インストール後、exampleという名前のアプリケーションを作成。

~/% express example
   create : example
   create : example/package.json
   create : example/app.js
   create : example/views
   create : example/views/layout.jade
   create : example/views/index.jade
   create : example/public/javascripts
   create : example/public/images
   create : example/public/stylesheets
   create : example/public/stylesheets/style.css

exampleディレクトリに移動して、アプリを起動。

~/% cd example
~/% node app.js 
Express server listening on port 3000 in development mode

http://127.0.0.1:3000/ にアクセスすると500になった。

expressがデフォルトで使っているjadeというテンプレートエンジンがインストールされていなかったのでインストール。

~/% npm install -g jade

再度 http://127.0.0.1:3000/ にアクセスしたらちゃんと表示された。

今日はここまで。