読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Titanium mobileでgetXXX / setXXXは勝手に使えない

勢いにまかせてしょーもないコードを書いていたらはまったのでメモ。

function createHogeRow() {
  var row = Ti.UI.createTableViewRow();
  row.getHoge = function () {return "hoge"}
  return row;
} 

みたいなことをして、

  var row = createHogeRow();
  var text = row.getHoge();

ってしても、textに"hoge"は返ってこない。
APIリファレンス見たら、1.8系からかTi.UI系のオブジェクトにpropertyを操作するgetter / setterが生えていた。ということで、上記場合においてgetHoge()はrowのhogeプロパティを返すようです。ほげー。